2019年11月18日(月)の引け後、木村化工機(6378)澤藤電機(6901)は同時に「世界初」を謳うプレスリリースを発表

翌19日、両社の株価は寄り付きこそしたものの、どちらも引け値はストップ高。木村化工機は続く20日もストップ高、しかも寄らずの強さを魅せました。

世界初ということは当然オンリーワン技術。唯一無二の存在。

期待高まるそのプレスリリースの内容とはいったい何だったのか、企業情報と共に紹介します。

まずは2社の基本的な銘柄情報と、業績から振り返ります。必要のない方は飛ばして下さい。

銘柄情報(木村化工機)

基本情報(11/22時点)

会社名木村化工機
銘柄コード6378
株価663円(前日比+64 円)
時価総額136億円
PER14.1倍
ROE13.5%
配当8円
株主優待無し

直近決算情報

(百万)2Q実績(前年同期比)前年同期通期計画(前年同期比)
売上9,602(2.1%)9,40821,300(△1.0%)
営業利益732(△21.9%)9371,360(△38.4%)
経常利益74.5(△22.9%)9671,400(△38.4%)
純利益497(△23.5%)649930(△38.6%)

銘柄情報(澤藤電機)

基本情報(11/22時点)

会社名澤藤電機
銘柄コード6901
株価2,338円(前日比+55円)
時価総額101億円
PER31.5倍
ROE6.5%
配当28円
株主優待クオカード(100株〜1,000株、1,000円〜3,000円)

直近決算情報

澤藤電機は直前11/8の2Q決算で、大幅な下方修正をしてしまっています。その分株価の動きも軟調でしょうか。

(百万)2Q実績(前年同期比)前年同期通期計画(前年同期比)
売上15,234(△2.4%)15,61031,000(△0.5%)
営業利益135(△69.7%)446360(△46.4)
経常利益155(△69.9%)515440(△44.2)
純利益94(△80.4%)482320(△41.4)

木村化工機と澤藤電機の株価が高騰した理由は?

世界初、低濃度アンモニア水から発電に成功

肝心のプレスリリースはこちら

一部スクリーンショットも貼付します。

要約すると、製造業の製造工程で排出されるアンモニア排水。そのアンモニア排水から高濃度水素を製造し、排水処理にかかる電力+αを賄ってしまおうという技術です。

現状はまだ実証実験段階。また、この「アンモニア排水」処理の「電力削減」にどれくらいの需要があるかは疑問です。それでもESG投資が熱を帯びる昨今、面白い取り組みだと思います。

株価チャート

その後の2社の株価チャートも抑えておきます。木村化工機はかなりいい反応を魅せていますね。

木村化工機 日足
木村化工機 月足
澤藤電機 日足
澤藤電機 月足

今後の展開に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)