2019年11月15日(金)、前日比+400円(+23.39%)のストップ高で終値2,110円となった日本色材(4920)。株価が4ヶ月ぶりの高値を付けた理由は日本経済新聞の「紹介文」だった。

銘柄情報

基本情報(本日時点)

会社名日本色材工業研究所
銘柄コード4920
株価2,110円(前日比+400円)
時価総額44億円
PER11.33倍
ROE15.8%
配当25円
株主優待100株以上で自社製品(2月末)

直近決算情報

(百万)2Q実績(前年同期比)前年同期通期計画(前年同期比)
売上6,101(10.5)5,52112,173(5.9)
営業利益324(△16.0)386600(△35.6)
経常利益284(△22.7)368544(△38.6)
純利益206(△18.4)252390(△36.4)

株価変動ニュース

日経新聞のニュースはこちら。
「私だけの化粧品」日本色材が演出 スモールマスの黒子

以下はその一部抜粋。

要約すると、化粧品や日用品の販売において、SNSなどから拾ったニッチな顧客ニーズを狙った新興メーカーが増える中、工場を持たない新興メーカーのOEM先として注目されるのが日本色材とのこと。

同社は化粧品、日用品のOEMメーカーとして唯一の上場企業であり、強みは多彩な顔料を組み合わせる配合技術と、その生産ラインを最短30分で切り替えられること。

主力は大手の受託であり、全体としては今期6%の売上増加計画に留まるが、年間出荷数は5年で倍増。化粧品OEM市場が4年で4割増えていることもあり、今後が期待されそうな内容である。また、11月下旬に34億円を投じた新工場が稼働予定。

株価チャート

直近株価の動向を残す。

5分足
板情報

日足
月足

その後の株価の動き

私的見解

日経新聞の記事内容は全て既存事実のみで、すっぱ抜かれたようなサプライズネタはない。そういう意味で「紹介文」に留まっている点に注意。また、10月に公表した2Q決算が、当初会社計画よりも売り上げで2.3%未達、営業利益は20.3%未達であることから、順風満帆といったわけではなさそう。

元々板が薄く、出来高も5万株弱でストップ高。売り板間で2,30円空いていることもざらな銘柄なので、一部小金持ちの仕掛けで上がった可能性も考慮するべきと考える。

ただ1点、新工場稼働開始については投資妙味がありそう。過去に工場を拡張した17年5月からのチャートを参考にすると、もしかしたらもしかするかもしれないね。

報道後の株価チャート

報道後、5日目の日足チャート。予想に反して3日も続騰した後、息切れ的に株価が落ちてきました。連騰中も陰線だらけだったけど、踏ん張ってた。地合いがかなり良好だったことも、高騰した理由の一つだと思われます。

面白い記事ではあるので、今後の展開に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)